オーバーロード|ブレインの最期!コキュートスと戦って死亡した勇敢な戦士!

ココナ
今回は、オーバーロードに登場する「ブレイン・アングラウス」について紹介します。

コキュートスとの戦いで勇姿を見せたブレイン。彼の最期は本当にカッコ良くて感動的でした。でも、死亡してしまったのはちょっぴり残念。

今回はそんなブレインの最期を振り返ってみたいと思います。

ネタバレ注意
スポンサードリンク

オーバーロード|ブレインってどんなキャラ?

ブレイン・アングラウスは、元農夫という身分でありながらも天賦の才と努力で一流の剣士になった男です。その実力は、王国最強の戦士と称される「ガゼフ・ストロノーフ」と互角に戦えるほど。

作中では、ナザリック最強の強さを誇るシャルティアと対峙し、そのあまりの強さに心を完全に折られ逃亡。その後、シャルティアの脅威に怯える日々を過ごします。

そんな中、王都で偶然ガゼフと遭遇し、介抱してもらったことで少しずつ精神が回復していきました。それから数ヵ月後、王都でセバスの拳に耐えるクライムの勇敢な姿を見て完全に自信を取り戻します。

それ以来、ブレインとクライムと行動を共にするようになりました。ゲヘナでは、ラナー王女から「悪魔たちに捕らわれた平民の救助」という危険な任務を任されたクライムに同行。その任務中に、白亜の仮面をつけて変装したシャルティアに遭遇し、リベンジマッチを挑みます。

前回のシャルティア戦では爪さえ切ることが出来なかったブレインですが、今回のリベンジマッチでシャルティアの爪を見事に切断。そして、今までの努力は間違っていなかったと認識しました。その一件から、ファンの間では「爪切りさん」なんて呼ばれたりしています。

>>シャルティアが変装!仮面をつけていた理由は?

スポンサードリンク

オーバーロード|ブレインの最期!コキュートスと戦って死亡した勇敢な戦士!

ついにブレインがコキュートスの戦いで最期の時を迎えます。そして、この戦いでブレインはガゼフを超える存在になりました。ここでは、そんなブレインの勇姿について少しだけ振り返っていきます。

魔導国による王都侵略でコキュートスと対峙

書籍14巻では、魔導国によるリ・エスティーゼ王国への侵略が描かれています。魔導国の軍勢によって、王国平民たちが大量に殺害されるなか、ブレインはコキュートスと戦うことになりました。

>>オーバーロード14巻のネタバレと感想!

お互い戦士として敬意を払う

コキュートスと対峙したブレイン。コキュートスとの圧倒的な力の差に、ブレインは即座に「自分には絶対に勝てない相手」だと気づきました。対するコキュートスも、もちろんブレインが弱者であることは判り切っています。

しかしコキュートスは、ブレインの中にある戦士としての心得を見出し、虫けら同然の相手に対して自身の名前を名乗るといった敬意を払ったのです。この意外なコキュートスの対応に、ブレインも動揺を隠し切れませんでした。

もしも相手がシャルティアなら、一方的に殺害されていたことでしょう。最期の相手がコキュートスで本当に良かったと思います。

新技でガゼフを超える存在に

この戦いでブレインは、最初にして最後の新技を披露しました。決して人間ではたどり着けない世界の常識を超えた一撃。それはまさに奇跡としか言いようがありません。武技の極み、その名も「真爪切り」

そんな奇跡の一撃を繰り出せたのは、死への覚悟と先に死んでしまったガゼフへの想いがあったからではないでしょうか。そして、この一撃でブレインはガゼフを超える存在になりました。

ブレイン死亡

渾身の一撃を繰り出したブレインでしたが、やはりコキュートスとの力の差は圧倒的で、ダメージを与えることさえ出来ませんでした。そしてコキュートスの所持する武器「斬神刀皇」一振りで、ブレインは最期を迎えました・・・。

その後ブレインの遺体は、コキュートスの配下「フロスト・ヴァージン」によって、第五階層で氷漬けにされたようです。

>>コキュートスの元ネタは” 裏切り者 ”を氷漬けにする地獄の川?

スポンサードリンク

オーバーロード|ブレインとコキュートスの戦いに関する反応

コキュートスとの戦いで最期を迎えたブレイン。そんな彼の勇姿についてネット上では称賛の声があがっています。

コキュートスとブレインの戦いが1番良かったといった意見は、男性の方に多く見られました。やはり武人同士の戦いは男心に響きますよね。

本当にそう思います。これがシャルティアやアルベドだったら、恐らく瞬殺されていたことでしょう。そんなあっけない死に様は見たくありませんよね。

スポンサードリンク

ブレインの最期!まとめ

今回は、ブレインVSコキュートスについて紹介しました。

残念ながらブレインは亡くなってしまいましたが、その勇姿はきっと永遠に忘れることはないでしょう。

14巻でリ・エスティーゼ王国は壊滅的な被害を受け、多くの命が亡くなったり、人生が180度変わった人が沢山います。

ブレインと共に戦ってきたクライムもラナーと色々ありましたが、ブレインの意思を受け継いでより勇敢な戦士になって欲しいと思います。

スポンサードリンク