気になる情報をお届け!

間中敏雄(日光猿軍団)の経歴がやばい!今現在の活動は?

90年代に一世を風靡した「日光猿軍団」を覚えていますか?

2020年2月12日に、バラエティ番組の「衝撃のアノ人」にて、

年間100万人動員&レオナルド・ディカプリオも夢中になった! 日光猿軍団を作った夫婦の今を大追跡…4億円のヘリコプター&超バブルな8億円の豪邸に住んでいた夫婦が驚きの転身

と題して、「日光猿軍団」の創設者である間中敏雄さんについて取り上げられました!

そこで今回は、間中敏雄さんの詳しい経歴など気になったので、調査してみました!

スポンサードリンク

【日光猿軍団】間中敏雄のプロフィールと経歴

~プロフィール~
名前間中 敏雄(まなか としお)
生年月日1948年6月9日
出身地埼玉県
経歴の目次
  1. 幼少~結婚まで
  2. 猿と出会うまで
  3. 猿と出会って
  4. 日光猿軍団オープン~閉園まで
ココナ
上の目次にそって、間中敏雄さんの波乱万丈な人生をお話します!

幼少~結婚まで

7人兄弟の長男として生まれ、六畳一間という小さな家に、父と母を合わせて家族9人で暮らしていたいう間中さん。

苦しい家計を支える為、小学生1年生から中学卒業まで新聞配達。中学卒業後は、郵便局で働きながら定時制の高校に通っていたそうです。

今の時代じゃ考えられませんよね…。
社会人になってからは、7年間務めた郵便局を辞め、保険の営業や八百屋など色んな職を転々し、彼が25歳の時、今の奥さん”清子さん”と出会ったみたいです。
彼はすぐに結婚を決意しましたが、お相手の清子さんは当時18歳だった為、両親に猛反対されました。
しかし、結婚を諦めきれない二人は、なんと駆け落ち!!
そのままゴールインかと思いきや、すぐに連れ戻されて引き離され、二人は音信不通になってしまいました、、、
ここで二人の恋は終わってしまうのか!?
そう思いましたが、なんと二人は半年後に偶然街中で再開したんです!これはまさに運命です!!
こうしてお二人はめでたくご結婚されました。
ココナ
まるでドラマのようなストーリーですね♪

猿と出会うまで

結婚後も相変わらず、職を転々としていた間中さん。

当時、大流行していたマルチ商法にも手をだし、宇都宮に「ネズミ捕り探知機」を扱う会社を設立しました。

しかも、これが大ヒット!

商品は瞬く間に売れ、1日で何百万円も稼いだそうです。

「一日に何百万円と入ってきた。隣に聞こえないよう、夫婦で布団をかぶって大笑いしたなあ」

引用:http://www.syamei.net/kigyou/kigyou19.html

なんてコメントされていましたw

しかしその一方で、無理な勧誘をする人のなど続出、マルチ商法は社会的な問題になっており、

間中の会社は違法ではなかったが、

「この商売には先がない。ここでやめよう」

引用:http://www.syamei.net/kigyou/kigyou19.html

と決断。マルチ商法で稼いだお金を全て会員に分配し、一夜にしてお金持ちから一文無しなったんだとか。

猿と出会って~

それからは生計を立て直すため、妻の清子さんと廃品回収の仕事をしていたそうです。

そんなか、間中さんが34歳の時、

「日光猿軍団」の立ち上げのきっかけである、猿との出会いが。

相変わらず、職を転々としていた間中さんは、次の職を求めて日光へ。

日光では、観光客を送迎する運転手や、観光船の船頭など、あらゆうる仕事を掛け持ちしていたそう。

ちなみに、猿と出会うまではに転職した数は、なんと約40種類以上!

ものすごい数の職を経験されていますね~^^;

そんな忙しい日々を過ごしていたある日。

たまたま見たテレビで、猿回しの番組をやっていたそうで、

それを見た間中さんは「これだと!」と思い、すぐに猿を3匹飼い始めたそう!

すごい行動力ですよね。普通の人なら猿回しを見てお金になるなんて想像もつきませんが、間中さんは見る視点が違ったようです。

最初の頃は、猿の飼育にかなり苦戦したみたいで、

「玄関は糞尿だらけ、下駄箱はぐちゃぐちゃだった」

と語っていました。

そんな右も左も分からない状況にもかかわらず、誰かに猿の飼い方を教えてもらうこともなく、全て独学で猿の飼育を学んだそうです。

その理由について、

誰かに弟子入りしようとは思わなかった。「それで勉強しちゃうとその人と同じ型になっちゃうかな、と思った。今までにない猿回しをやろうかなと思った」。

引用:https://times.abema.tv/posts/3527763

とコメントされていました。

これが、年間100万人以上もお客さんを動員した理由なのかもしれませんね。

日光猿軍団オープン~閉園まで

最初は日光江戸村を拠点に、猿たちの芸を披露していたようです。

ちなみに、そこでの稼ぎはお客さんの投げ銭だけ。

そんなある日、

「猿がこんなに増えたけど、お客さんの誰もが覚えていて、懐かしいものはないかな」

引用:https://times.abema.tv/posts/3527763

と娘さんに相談した間中さん。

娘さんからは、

「猿の学校をやったら?」

と即答され、行動力のある間中さんは、すぐに行動を開始。

学校を舞台にした、お猿さんの芸を始めました。

追記:ちなみに間中敏雄さんには、長男(間中利美(まなか としみ)さんがおり、現在「モンキーエンターテイメント」の代表を務めいます。そこでトレーニングした猿たちは、NHKの大河ドラマやCMなどに出演しているそうです。

その後、テレビ関係者のあっせんもあり「学校を舞台にした猿たちの芸」がテレビに放送され、物珍しさにすぐさま話題となり、大反響を呼びました。

これに手ごたえを感じた間中さんは、92年に「日光猿軍団」をオープン。

初日から長蛇の列ができるほど、お客さんが殺到したようです。

間中さんは、「日光猿軍団」の立ち上げ資金として、知人から建設費1億5000万円を借りていたらしく、これを5年で返済するという約束をしていました。

しかし、1日1万に来場という驚異的な数字を叩き出し、なんとオープンから2ヵ月で全額返済したんだとか!!

予想外すぎる人気っぷり、ご本人も驚いたでしょね。

その勢いは止まることはなく、話題が全国に広がり、各地からイベントに招待されるようなったそうです。

そして、稼ぎも右肩上がりにどんどん膨れ上がり、

なんと、移動のために4億円のヘリコプターを購入したり、8億円の猿御殿を建設されたそうなんです!

まるで、絵に描いたような豪遊っぷりですよねw

それから数年後、2011年3月11日に起きた「東日本大震災」でお客さんは激減。

さらに、韓国、中国、台湾から来た調教師が帰国してしまい、猿たちの高齢化が進むなか、若い猿に調教する人手がいなくなり、2013年12月31日に閉園することになりました…

その後は、新たに「日光さる軍団」として、2015年に村崎太郎さんが同じ場所で再開されました。

スポンサードリンク

【日光猿軍団】間中敏雄の今現在は?

引用:https://ameblo.jp/benrida/entry-12003787515.html

波乱万丈な人生を送ってきた間中敏雄さん。

2013年に「日光猿軍団」を閉園して以降、テレビで見かけることがなくなりました。

今回放送される「衝撃のアノ人」を見て気になった方も多いのではないでしょうか。

ですので、間中さんの今現在について少し調べてみました。

キャンプ&スパリゾートを経営中

間中さんは現在、栃木県日光市にある「日光・まなかの森」というキャンプ&スパリゾートを経営されているようです。

このキャンプ場はもともと、猿たちのために用意した場所で、その広さはなんと7万坪以上!東京ドーム15個分!

そこで、キャンプや温泉、バーベキューなど楽しむことができます。

【日光・まなかの森】の公式ホームページはこちら↓↓

http://www.nikko-manakanomori.com/

 

スポンサードリンク

間中敏雄(日光猿軍団)の経歴がやばい!今現在の活動は?のまとめ

いかかでしたか?

今回は「間中敏雄さんの経歴や現在」について紹介しました。

間中さんは、今でも猿がお好きなようで、

「猿は家族です。人間と変わらないよ」

っと語っており、これからも猿と共に人生を歩んでいくようですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク