気になる情報をお届け!

【ありえへん世界】埼玉県の超危険な「魔の交差点」の場所はどこ?事故が多発する理由は?

3月10日の「ありえへん世界」の番組表を見てみると、

「埼玉!呪われ十字路事故多発の謎」

という、めちゃくちゃ気になる内容が書かれていました!

呪われた十字路ってなに?埼玉のどこ?
同じように思った方も多いのではないでしょうか。
そこで、この記事では「ありえへん世界」で紹介されていた、
埼玉県さいたま市の超危険な「魔の交差点」の場所や危険な理由など調査してみました!
スポンサードリンク

【ありえへん世界】埼玉県さいたま市の超危険な「魔の交差点」の場所は?

埼玉県さいたま市の「超危険な交差点」は、

さいたま市立大宮西高校付近の交差点です。

※埼玉県さいたま市大宮区三橋

こちらの交差点は『魔の交差点』とも呼ばれており、

Googleマップにも「事故多発箇所」と書かれているほどです。

問題のとなっている交差点はこちらになります。

Googleさんも認めるほど、危険ってことなんですね!

【ありえへん世界】埼玉県さいたま市の「超危険な交差点」危険な理由は?

こちらの交差点の付近に住まれている方の話によれば、

11年半の間に「門が6回、フェンスが2回」交通事故により、破壊されたそうです。

なぜ、これほどまでに交通事故が多発するのでしょうか。

問題の交差点

その理由を調査してみたところ、以下のような理由が見つかりました。

交差点の形が複雑で、視界が悪い

近くの幹線道路が混むので、多くの車がこの「魔の交差点」を抜け道として利用している

・優先道路にも「徐行」と書かれいるが、徐行せずに通過する車が多い

・一時停止道路を無視する車が多い

といった理由が挙げられます。

そして、最大の理由としては、

一時停止側道路の「死角」です!

民家のブロック塀で視界がさえぎられ、優先道路が全く見えない状態です。

一時停止のラインで停止したとしても、全く見えないので、

優先車側の車が、来てるか来ていないか全くわからない状態で、

見える位置まで車を移動させなければなりません。

なんだか常に、危険ととなり合わせな感じですね!
▼こちらの動画でも、詳しく解説されているようなので、気になる方はご覧ください。
スポンサードリンク

【ありえへん世界】埼玉県の超危険な「魔の交差点」についてネットの反応は?

みなさん、それぞれに疑問を抱かれているようですね。

スポンサードリンク

【ありえへん世界】埼玉県の超危険な「魔の交差点」まとめ

「ありえへん世界」にて紹介された、埼玉県の超危険な「魔の交差点」についての調査でした!

この交差点は今後も物議を醸すでしょうね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク