気になる情報をお届け!

【この差って何ですか】令和の硬貨が凄い!昭和・平成のプレミアム硬貨も紹介!

4月14日の「この差って何ですか?」では、

『金額以上の価値がある!昭和・平成プレミア硬貨の差大特集』

と題して、金額以上の価値があるプレミアムな硬貨が紹介されるみたいです!

いったい、どんな硬貨なのでしょうか!?

気になりますね~。

そこで、この記事では「この差って何ですか?」にて紹介されていた、「昭和・平成・令和」のプレミアム硬貨をまとめていきたいと思います!

スポンサードリンク

【この差って何ですか】「昭和・平成・令和」のプレミアム硬貨

番組の予告では、

昭和62年の500円、平成13年の100円、昭和33年の10円、平成21年の5円、昭和61年の10円

と紹介されていましたが、いったいどんな硬貨なのでしょうか。

そこで、事前に調査してみたので、まとめて行きます!

昭和61年の10円後期(2万円の価値があるプレミアム硬貨)

上のツイートを見て頂くと分かるように、

昭和61年後期発行の10円硬貨には、鳳凰堂のデザインが微妙に違っているらしく、

その取引額はなんと20,000円だそうです!

昭和61年の10円硬貨には、前期と後期があるのですが、

後期の10円はかなり希少価値が高いらしく、その価値は本来の「2000倍」とも言われています。

昭和62年の500円

昭和62年の硬貨の価値は、

4倍の2,000円

昭和62年の50円

  • 完全未使用:8000円
  • 未使用:7000円
  • 美品:6000円
  • 並品:4000円

完全未使用であれば、80倍もの価値があるみたいです!!

平成13年の100円

平成13年の100円硬貨は、

7倍の700円

昭和33年の10円

昭和33年の10円硬貨は、

10倍の100円

ギザ10は、200円だそうです!

平成21年の5円

平成21年の5円硬貨は、

  • 完全未使用:1500円
  • 未使用:1000円
  • 美品:400円
  • 並品:200円

だそうです!

平成「23、24、25、29、30年」の1円

平成「23、24、25、29、30年」の1円硬貨は、

3000倍の価値

ということは、1円玉ひとつで3000円です!!

まさにお宝ですね!

平成「22、23、24、25年」の5円玉

平成「22、23、24、25年」の5円玉は、

600倍の価値

ということは、5円硬貨1枚で3000円です!!

令和元年の激アツ硬貨

番組終了後に追記します。

スポンサードリンク

【この差って何ですか】令和の硬貨が凄い!昭和・平成のプレミアム硬貨も紹介!

今回は「この差って何ですか」にて紹介された、「昭和・平成・令和」のプレミアム硬貨についてでした!

さっそく、お財布をチェックしてお宝探しをしましょうw

それでは、今回はこの辺りで。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク