気になる情報をお届け!

田中圭が愛した中国料理店「文琳(ぶんりん)」とは?思い出の味は黒酢酢豚!【ありえへん世界】

4月21日にの「ありえへん世界」では、田中圭さんが生涯一愛し、もう食べらなくなってしまった中国料理店の料理長を大捜索するそうです。

なんでも、田中圭が23歳(12年前)の頃に、堺正章さんに連れて行ってもらったお店で、ある日突然閉店してしまったんだとか!

一体どんなお店だったのでしょうか。

そこで、この記事では「ありえへん世界」を見逃してしまった方の為に、田中圭さんが生涯一愛し、もう食べらなくなってしまった中華料理店についておさらいしていきたいと思います!

スポンサードリンク

【ありえへん世界】田中圭が愛した中国料理店「文琳(ぶんりん)」とは?

田中圭が愛した中国料理店は、

「文琳」

住所:〒150-0045 東京都渋谷区神泉町13−13 ヒルズ渋谷B1F

以前は、この場所にあった「文琳」ですが、9年前に突然閉店し、現在は、ミネバルというスペイン料理店になっています。

田中圭さんは、この場所にあったお店「文琳」の料理長が作る「黒酢酢豚」を生涯一愛していたそうです。

そして、当時「文琳」の料理長を務めていたのが 鯰江真仁シェフ。

現在は、恵比寿にある『マサズ・キッチン47』というお店の働いてます。

住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目21−13 BPRレジデンス恵比寿 B1F

スポンサードリンク

【ありえへん世界】思い出の味は黒酢酢豚

番組のHPには、

今から12年前の23歳の時、堺正章さんに連れて行ってもらった中国料理店の「黒酢酢豚」に衝撃を受けた田中圭さん。

と書かれていました!

その衝撃を受けた黒酢酢豚を約10年ぶりに食べた田中圭さんは、、、

感動のあまり、泣きそうになっていましたね(^^;)

ちなみに、鯰江真仁シェフが働いているお店『マサズ・キッチン47』でも黒豚酢豚を食べれるみたいですね♪

田中圭さんが食べていた酢豚と味が一緒かは分かりませんが、鯰江真仁シェフが作ったのであれば、当時の味と近いものがあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

【ありえへん世界】田中圭が愛した中国料理店「文琳(ぶんりん)」ネットの反応

スポンサードリンク

【ありえへん世界】田中圭が愛した中国料理店「文琳(ぶんりん)」|まとめ

今回は「ありえへん世界」で紹介された、田中圭が愛した中国料理店の料理長についてでした!

スポンサードリンク