気になる情報をお届け!

【ナゼそこ】岩手県(住田町)の高貝集落ってどこ?山奥で自給自足の夫婦とは?

4月23日の「ナゼソコ」では、岩手県の山奥で自給自足生活を送る夫婦がピックアップされるみたいです!

番組の予告では、伊達政宗の家来の子孫が住んでいたと書いてありましたが、一体どんなお家なのでしょうか。

それに、住田町・高貝集落とも書かれていたので、気になって調べてみました(^^)/

スポンサードリンク

【ナゼそこ】岩手県(住田町)の高貝集落ってどこ?

岩手県住田町の高貝集落について調べてみましたところ、岩手県気仙郡住田町世田米高貝という場所は、そもそもほとんどが山で、町内に家が10軒ほどしかない場所だと分かりました!

Googleマップでは、山の中に2~3軒ほど家がありましたが、どうやって行くのかも検討がつきません。

高貝についてネット検索しても、マップが食べ物の貝とか出てきて、どんなところ詳しくわかりませんでした(^^;)

これぞまさに、日本の秘境です!!

スポンサードリンク

【ナゼそこ】山奥で自給自足の夫婦とは?

山奥で自給自足する夫婦は、登戸(のぼと)という地域で暮らしているそうです。

ちなみに、Googleマップに出てきませんでした(^^;)

このマップにも出てこない秘境に住むのが、吉田さんご夫婦。

  • 妻:吉田ミツ子さん(77歳)
  • 夫:吉田了一さん(77歳)

こちらのご夫婦は、人里はなれた山奥で自給自足生活をしています。

お米から、大根、ジャガイモ、いちご、タマネギなどなど、全てご夫婦が育てています。

野菜を洗うお水も沢水を使います。

食材は、塩漬けや酢漬けにして長期的に保存できるように。冷蔵庫はいりません。

野菜が採れなくなる厳しい冬は、これでしのぐそうです。

ちなみに、カップラーメンはあるみたいですね(^^;)w

こちらの自給自足生活で暮らす吉田さんの自宅は、

なんと築250年!

あの伊達政宗の家来の子孫が住んでいた家だそうです!

これだけ歴史がある家なので、中々離れることはできませんよね(^^;)

スポンサードリンク

【ナゼそこ】山奥で自給自足の夫婦のまとめ

今回は「ナゼそこ」で紹介された、山奥で自給自足生活をする夫婦についてでした!

とっても素敵なご夫婦でしたね(^^)

スポンサードリンク