オーバーロード|キャラの強さランキング35選!最強!敵無しは誰?

パワーインフレを起こしているのではないかと思うほど強キャラが集まっているオーバーロード。

ネット上で物議をかもしているのが「最強のキャラは結局誰なんだ」というところです!

様々な意見が飛び交っているかと思いますが、ここではそのキャラの強さをランキング形式で紹介していこうと思います。

様々なサイトでランキングが記載されていますが、あくまで参考程度にという事は悪しからず。

「至高の四十一人」はあまりデータが無いのでランキングからは省かせていただきます。

ネタバレにご注意ください。
目次

オーバーロード|キャラの強さランキング35位~31位!最強!敵無しは誰?

35位:ガガーラン

第35位はアダマンタイト級冒険者「蒼の薔薇」のガガーランです。

蒼バラと言えば、女性だけで構成されているチームですが、なかでもガガーランは女とは思えないほど巨大かつパワフルで、存在感が半端ないキャラです。

また戦闘スタイルもパワフルで、自身の体格を活かしつつ、巨大な刺突戦鎚を振り下ろす攻撃は圧倒的な破壊力を誇ります。

アニメ2期8話では、スケルトン数千なら一人で問題ないと語っていましたね。ギガントバジリスクは無理だそうです。

また、王国戦士長のガゼフとまともに戦えるほどの戦闘力を持っていますが、昔ガゼフとやり合った時に敗北しています。ですので、ガゼフよりは弱いとされています。

34位:ブレイン・アングラウス

第34位は、元農夫の「ブレイン・アングラウス」です。

ブレインは、シャルティアとの一戦で爪を切ったことから「爪切りさん」なんて呼ばれたりしています。

強さは、ガゼフに匹敵すると言われていますが、あと一歩足りず。常にガゼフを意識して剣技を磨いているキャラです。

ただ、オーバーロード14巻に描かれいるコキュートスとの戦いでは、ガゼフですら修得できなかった武技を最後の最後で見せつけ、ガゼフを超えた存在になりました。

対戦したコキュートスは、ブレインのレベルについて「40前後」と評価しています。

33位:ゴブリン聖騎士

第33位は「ゴブリン聖騎士」です。

数あるゴブリン部隊の中からゴブリン聖騎士がランクインしました。

全身に甲冑を纏い白銀の狼に乗った騎兵隊です。

レベルで言うと30は超えるという意見が多いようで、そのレベル帯のガゼフ・ストロノーフよりもレベルが高いとされています。

ガゼフ・ストロノーフといえば、リ・エスティーゼ王国の王国戦士長であった人物であり王国最強の戦士との呼び声高いキャラクターです。

そのガゼフ・ストロノーフよりも高レベルであるゴブリン聖騎士はかなりの経キャラであるといえます。

ですが実際の戦いだとガゼフ・ストロノーフが勝利するであろうといわれています。
やはり人間よりは知能が低いからでしょう。

32位:レメディオス・カストディオ

第32位は、ローブル聖王国の聖騎士団長「レメディオス・カストディオ」です。

正義感が強すぎて、融通が利かない人。さらに、魔導王を必要以上に嫌っている。

レメディオスは、聖王国最強の騎士とされており、その実力は折り紙付き。

レベルだけならガゼフより上と言われていますが、実践ではガゼフに軍配があがる可能性「大」だそうです。

31位:ガゼフ・ストロノーフ

第31位は、王国戦士長「ガゼフ・ストロノーフ」です。

王国最強のガゼフは、6つの武技を同時に発動することが可能。さらに「竜の秘宝」を使用することで、英雄級の強さを出すことができる。

フル装備のガゼフなら、レベル35の「デス・ナイト」にも勝てるかもしれないらしいです。

正直、ガゼフとブレインの順位は悩みましたが、いつまでもブレインの一歩先を行く男であってほしいのでこの順位にしました(^^;)

スポンサードリンク

オーバーロード|キャラの強さランキング30位~21位!最強!敵無しは誰?

30位:クレマンティーヌ

第30位は、 秘密組織・ズーラーノーンの「クレマンティーヌ」です。

クレマンティーヌは、元漆黒聖典「第九席次」という経歴を持ち主。漆黒聖典時代のクレマンティーヌは、フル装備のガゼフよりも強いと言われています。

アインズとの戦いでは、彼女の得意な武技を巧みに使い分け、人間としての戦闘力の高さを見せつけました。

>>クレマンティーヌの声優は誰?強さやレベルも考察

29位:リグリット・ベルスー・カウラウ

第29位は十三英雄の1人でもある、元蒼の薔薇所属の魔法詠唱者「リグリット・ベルスー・カウラウ」です。

リグリットは、魔法主体のイビルアイに勝利したこともあり、さらには刀を使う近接攻撃主体のブレイン・アングラウスにも勝利したことがあります。

200年以上生きていることから魔法の経験値も高く、実戦の経験値も申し分なく高いことからかなりの強さであることがうかがえます。

現役ではないものの、長年の経験を活かした戦い方ができるのではないでしょうか。

28位:フールーダ・パラダイン

第28位は、「フールーダ・パラダイン」です。

フールーダ・パラダインはバハルス帝国の帝国魔法省に所属しており、大魔法詠唱者と主席宮廷魔導師という肩書を持つ人物です。

魔力系、信仰系、精神系の三系統の魔法を行使することができることからトライアッドと呼ばれており、第六階位の魔法を行使できる数少ない人類です。

魔法詠唱者の階位に応じてそのオーラを見透かせるという特殊能力持ちという点も強キャラであるといえます。

また歴代の皇帝に魔法を教示していたことや、政策にも一枚かんでいたことも踏まえると頭脳も持ち合わせていると見れますね。

27位:ゴブリン軍師

第27位は「ゴブリン軍師」です。

エンリが王国兵に追い詰められた際に使用した二度目の角笛で召喚されたゴブリン軍団の中のリーダーです。

見た目はゴブリンがただ諸葛亮のような衣装をまとっただけのように見えますが見た目に騙されることなかれ。レベルは、十三英雄のリグレットと同等といわれており、すべてのゴブリン部隊をまとめ上げる存在です。

二度目の角笛で召喚されたゴブリン部隊の隊長たちは、それぞれのレベルが英雄レベルに到達していると作者がツイートしており、そのすべてをまとめる軍師は当然強キャラと呼べる存在でしょう。

今回のランキングには入れていませんが、2度目に召喚されたゴブリン軍隊の中で最強なのは、レベル43のレッドキャップと言われています。

ちなみにその角笛で召喚されたゴブリン部隊のみで一国を堕とせるともいわれています。

>>エンリエモットが角笛で召喚したゴブリンまとめ!

26位:シズ・デルタ

第26位はシズ・デルタです。

プレアデスの中でも人気のあるシズ・デルタですが、ナザリック地下大墳墓のプレアデスは姉妹とされている中、何女なのか未だ不明になっています。

シズ・デルタの戦闘スタイルは「狙撃」です。主にライフルを主装備とした戦闘を得意としています。

対イビルアイ戦では、得意な狙撃でユリ・アルファをサポートするなど、大活躍していましたね。

ちなみにシズは、ナイフを装備をしていますが、近距離戦は苦手とのことです。

>>オーバーロード|シズの記憶操作とは?

25位:エントマ・ヴァシリッサ・ゼータ

第25位はエントマ・ヴァシリッサ・ゼータです。

ナザリック地下大墳墓の戦闘メイド「プレアデス」の1人で、こちらもシズ・デルタ同様、姉妹の何女かは不明になっています。

エントマは蟲使い」ですので、個人としての戦闘力で戦うという訳ではなく、使役している蟲を状況に応じて使用する戦闘スタイルです。

蟲たちを召喚するのに多少時間がかかってしまうといったデメリットはありますが、そこは敵の動きなど見て冷静に判断することでカバーできています。

エントマの見た目は、可愛い幼女のように見えますが、本当の姿は「蜘蛛人」です。つまり、クモです。

また、甘ったるい特徴的な声をしていますが、あれは「口唇蟲(こうしんちゅう)」というモンスターが代わりに発しているだけなので、本来の声はガサガサした声です。

ちなみに口唇蟲は、食べた声帯と同じ声を出すことができます。アニメ3期では、アルシェ(ワーカー)の声に変わっていましたね。

>>エントマの素顔にイビルアイ驚愕!仮面の下に隠された真実

24位:ユリ・アルファ

第24位は「ユリ・アルファ」です。

プレアデスの戦闘メイドの中のまとめ役で長女であり、クールなキャラ、そしてナザリック地下大墳墓内でもかなり珍しい人間に対して優しく接する人物です。

種族はデュラハン(首なしの騎士)と呼ばれるゾンビ系のアンデッドであり、戦闘スタイルは主に近接、それも「肉弾戦」を得意としています。

基本的な能力が高いので、それに加えて俊敏さ、攻撃力、体力でごり押しすることができる点がかなりの強みだと思います。

イビルアイ戦ではイビルアイの防御魔法をもろともせず、一撃で破壊するシーンも見られ、かなりの攻撃力を持っていることが見ていて分かりましたね。

23位:ソリュシャン・イプシロン

第23位は、戦闘メイドの三女「ソリュシャン・イプシロン」です。

圧倒的な戦闘能力で戦うというわけではなく、シーフ系(盗人)・アサシン系(暗殺)の能力があることから諜報員として活躍する事が多いです。

戦闘になれば、シーフ系の能力で巻物を騙すことができ、魔法を使うことが可能。また、素早さに関してはプレアデスNo.1となっています。

ソリュシャンが修める種族として、混沌(ウボサスラ)、不定形の粘液(ショゴス)がありますが、その詳細は未だ不明。

秘密の多いところが逆に魅力的なキャラクターです。

>>ソルシャンがツアレの子供を食べるってマジ?

22位:イビルアイ

第22位は「イビルアイ」です。

リ・エスティーゼ王国のアダマンタイト級冒険者グループの「蒼の薔薇」の一員です。
戦闘メイドのプレアデスとも一対多の状況で対応して見せ、多彩な攻撃ができるエントマの攻撃にも対応して見せました。

イビルアイは、魔力系魔法詠唱者の中でも最上級の実力を持っているといわれています。

本名は「キーノ・ファスリス・インベルン」。元々、虹瞳人(アルコバーナ)と呼ばれる、瞳が七色に輝くのが特徴の人間種だったと思われます。
しかし、幼い頃に吸血鬼となったため、250年経った今でもその見た目は幼いままです。

また、仮面で顔を隠しており「国堕とし」と呼ばれています。「国堕とし」だなんて、確実に強キャラですよね。
ちなみに「堕」は『おちる/くずれる』といった意味です。

>>イビルアイの正体を徹底解説!

21位:ルプスレギナ・ベータ

第21位は「ルプスレギナ・ベータ」です。

ナザリック地下大墳墓のプレアデスであり戦闘メイドの二女です。

プレアデスの戦闘メイドの中でもかなり高い能力値の信仰系魔法詠唱者で炎属性を得意としています。

見た目や言葉遣いからかなり軽い印象を持ってしますよね。

異形種の人狼(ワーウルフ族)で人と狼の姿を自在に入れ替えることができ、弱点の銀以外には耐性を持っています。

戦闘では性格上のすきを突かれてしまうことが多々ありますが、戦闘能力種族としての能力も非常に高くとても強いキャラクターです。

>>ルプスレギナの正体や強さをもっと詳しく

スポンサードリンク

オーバーロード|キャラの強さランキング20位~11位!最強!敵無しは誰?

20位:ナーベラル・ガンマ

第20位はプレアデスの中でいちばん登場、活躍している「ナーベラル・ガンマ」です。

ナザリック地下大墳墓のプレアデスであり、ソリュシャンと同じく三女です。

戦闘メイド内1位のレベルを誇りますが、能力値の総合力ではルプスレギナに少しだけ劣っている部分があります。

ナーベラルガンマの種族は、あらゆる姿に変身できる二重の影(ドッペルゲンガー)ですが、レベルのほとんどを魔法職に注ぎ込んでしまったため、姿を変えることができません。

しかしながら魔法職に特化した分、第八位階魔法を行使することができ、さらに剣を装備することも可能ですので遠距離近距離両方で戦闘できることから他の戦闘メイドより上位になりました。

魔法に剣技など多彩な力を持っているのにただの戦闘用のメイドとは信じられませんよね。

>>ナーベラルガンマの創造主は誰?

19位:スヴェリアー・マイロンシルク

第19位は「スヴェリアー=マイロンシルク」です。

アーグランド評議国の永久評議員の1人で青空の竜王(ブルースカイ・ドラゴンロード)と呼ばれています。

森祭司の力を持ち信仰系魔法を使うことができるその実力は、最上位ドラゴンのエインシャントと同等の力だといわれています。

評議員は各亜人族の代表として選ばれた者で運営されているもので、その評議会に所属できるともなれば強さも折り紙付きです。

18位:漆黒聖典隊長

第18位は「漆黒聖典の隊長」第一席次と呼ばれる人物です。

漆黒聖典はスレイン法国特殊部隊「六色聖典」の中の一つの部隊で、隊長はその中でも最強の存在といわれています。

六大神の血を覚醒させた神人であり、無装備ではあったがシャルティアの一撃を耐える実力があります。

見た目は豪華な防具を身に着けているが、その見た目に似合わない今だ詳細不明の槍を主装備として使っています。

いったいなんという名前でどんな槍なのかとても気になりますよね。

竜王とも対等に戦うことができるといわれており、レベルは激しい議論がなされていますが70~85であると噂されています。

17位:番外席次

第17位は「番外席次(絶死絶命)」です。

スレイン法国の特殊部隊六色聖典の1つである漆黒聖典の番外席次で、法国最強で不敗。人類の守り手とも呼ばれています。

漆黒聖典の中では一応「別枠」という扱いをされていますが、その実力は隊長を圧倒するほどで、レベルは最低でも90はあるでしょう。

ちゃんとした名称が無いため階級名の番外席次で呼ばれているのですが、本当の名前はいったい何なのか気になりますよね。

種族はハーフエルフですので見た目が10代なのですが、実際の年齢はスレイン法国最高執行機関の誰よりも上だといわれています。

>>番外席次の正体や強さをもっと詳しく

16位:紅蓮

第16位は「紅蓮」です。

ナザリック地下大墳墓の第7階層を流れる溶岩の川を守護する領域守護者です。

戦闘に特化した領域守護者で一部の仮想守護者よりも強いとされており、状況によってはで階層守護者のデミウルゴスよりも手ごわいとされています。

常時発動型特殊能力で炎を体から出しているので近づくことさえもままならないですよね。

スライム系の超巨大奈落スライム種であり、炎に対して体制を持っています。
番外席次に匹敵するレベル90で、階層守護者とのレベル10の差を埋める力が状況によっては発揮されます。

15位:オーレオール・オメガ

第15位はオーレオール・オメガです。

ナザリック地下大墳墓のプレアデス全体のリーダーそして第8階層桜花聖域の領域守護者でもあります。

プレアデスの中では末妹でありナザリック地下大墳墓ない唯一の人間種のNPCで、レベルは階層守護者と同じ100レベルと高く、ギルドの武器管理を一任されている存在です。

指揮官系統の能力を使い従えている魔獣などにバフをかけて戦うスタイルです。

>>謎多きオーレオールオメガの正体は?

14位:パンドラズ・アクター

第14位は「パンドラズ・アクター」です。

ナザリック地下大墳墓の宝物殿の領域守護者、作者はモモンガ(アインズ)であり曰く「生きる黒歴史」だそうです。

異形種の上位二重の影(グレータードッペルゲンガー)であり、戦闘では他者をコピーし、その能力を80%の力で使用すること下できる能力で戦います。

「至高の四十一人」を全員コピー済みで80%といえど全員の能力を使用できるとなると相当な戦闘能力になることが容易に想像できますよね。

ですが。弱点もあり元の姿は非常に弱いクラスで構成されており、コピー状態を強制解除されることもあるため素の姿になってしまうと非常に弱いのです。

13位:アウラ・ベラ・フィオーラ

第13位は「アウラ・ベラ・フィオーラ」です。

ナザリック地下大墳墓第六階層の階層守護者であり数少ない常識人です。

他の階層守護者と同じくレベルは100なのですがアウラ・ベラ・フィオーラ自身の戦闘能力はたいして高くなく、100以上の従えている魔獣を使いバフをかけて戦闘させます。
自身のしもべであれば強化倍率は1.25倍にもなり、ほかにも索敵、尾行などのレンジャーとしての能力も優れています。

しもべに戦わせるのが階層守護者っぽくていいですよね。

闇妖精(ダークエルフ)であり一応人間種ではあるが他の人間種を殺すことにためらいはありません。

12位:デミウルゴス

第12位は「デミウルゴス」です。

ナザリック地下大墳墓第七階層の階層守護者であり、単純な戦闘能力で言えば階層守護者の中でも最弱といっても良いでしょう。

戦闘能力に劣るデミウルゴスがこのランクに入ったのは、変身能力と凝視や呪い、毒などのデバフを使いこなすことで戦っています。

第10位階魔法を行使することができるのですが習得しているものは二つほどと数少なく、巻物に依存する場合が多々あります。

デミウルゴスは戦闘よりではなく、軍略、内政、外政などをすべてこなす圧倒的な叡智を持っていることが一番の強みです。

私は戦闘力より頭のいい人が強いと思っているので、このランクインがふさわしいと思っています。

>>恐怖!デミウルゴス牧場の実態

11位:セバス・チャン

第11位は「セバス・チャン」です。

ナザリック地下大墳墓の執事であり、第九階層の階層守護者という地位が仮にある。

レベルは100であり階層守護者内でも上位に食い込むほど強く特定の条件下、特に純粋な格闘のみの勝負では、ナザリック地下大墳墓内のNPCの中でいちばん強いといっても過言ではありません。

外見は一般的な執事のようで、弱者救済の考えを持つ数少ない人物です。

異形種の竜人であり人間とはまた別の形態があるのですがいまだに詳細は不明です。
ちなみ竜人はドラゴンというわけではないらしいのですが、だったらなんなんだと思いますよね。

スポンサードリンク

オーバーロード|キャラの強さランキング10位~1位!最強!敵無しは誰?

10位:アルベド

第10位は「アルベド」です。

ナザリック地下大墳墓の玉座の間におり守護者統括、全NPCの頂点である人物です。
玉座の間を担当しているのですが、階層守護者というわけではありません。

知力ではデミウルゴスに劣り、戦闘能力ではシャルティアに劣るという統括らしからぬ能力値になっています。

ですが、担当は玉座の間ですから、その防御力、体力は圧倒的で3重装甲になっている鎧を身に着けることで超級魔法も3回耐えられます。

異形種の悪魔であり、シャルティアによると本当の姿は別にあるらしいです。

関連記事

オーバーロードのヒロインで、ナザリック地下大墳墓の守護者統括を務めているアルベド。作中に登場するキャラクターの中でも、1、2位を争うほどの美貌の持ち主です。そんな美しい彼女の真の姿は、クトゥルフ神話に登場する生物の”ガグ”ではないか[…]

9位:コキュートス

第9位は「コキュートス」です。

ナザリック地下大墳墓第五階層の階層守護者で四つの腕にそれぞれ神級武器を持っており、部を使った戦闘であればナザリック地下大墳墓内でも最強です。

武器戦闘以外にも冷気を放つスキルを持つ魔法剣士と呼ばれていますが、MPや魔法攻撃威力は低くやはり主体となるのは武器による攻撃です。

自身の体が鎧になっており、装備として鎧を付けることができないので防御力はあまり高くありません。

攻撃力特化でやられる前にやってやるスタイルですね。
とても好みです。

8位:マーレ・ベロ・フィオーレ

第8位は「マーレ・ベロ・フィオーレ」です。

ナザリック地下大墳墓第六階層の階層守護者で同じく階層守護者のアウラと双子であり、見た目は女中身は男の弟です。

階層守護者内の序列では2位に君臨する実力の持ち主です。

自分の背ほどある神級アイテムの杖を主な武器とし、魔法を使ったバフや広範囲の攻撃魔法が使えます。

それだけでもかなりの強さですが、アルベドを引きはがせるほどの腕力を持っており怪力という特性もあります。

普段はおどおどしているため好戦的出来ではないものの、この強さで好戦的だった時を考えると恐ろしいですよね。

7位:常闇の竜王

第7位は常闇の竜王(ディープダークネス・ドラゴンロード)です。

外見などの詳細は一切不明の巨大洞窟にこもっているドラゴンです。

独自の始原の魔法を行使することができ、攻守ともに万能で、ナザリック地下大墳墓の階層守護者を凌駕する実力を持っています。

神聖魔法が使えるという理由でシャルティアだけは戦えますが、ワールドアイテムを所持しているらしいので実力にされに上乗せされることを考えると勝負の行方はどうなるかわかりませんよね。

6位:シャルティア・ブラッド・フォールン

第6位は「シャルティア・ブラッドフォールン」です。

ナザリック地下大墳墓第一から第三階層の階層守護者で、同じレベル100の他の階層守護者の中で序列一位であり最強のキャラクターです。

能力的な弱点は索敵が全くできないという事だけで、総合力で言えばアインズでもかないません。

神級武装のスポイトランスがあるので、回復魔法を自身にかけられないが回復をすることができるのでほぼ弱点はないとみても良いでしょう。

クラス「カースドナイト」を持っており、強力な回復魔法でない限り回復することすらできないダメージを与えることが可能。また、クラス「ブラッドドリンカー」の中のスキルで殺した相手の血を溜めるとMPの代わりになるのでMPもめったに尽きることはありません。

見た目は上品で美しいお嬢様風ですが、真祖でありヤツメウナギと呼ばれています。

関連記事

アニメ・オーバーロード1期の第10話で、いつも可愛いシャルティアが「ヤツメウナギ」に変身していましたね。まさか、あれが本当の姿なのか。だとしたらちょっとショックですよね。この記事では、シャルティアの本当の姿はゴスロリなのか。それとも[…]

5位:ガルガンチュア

第5位は「ガルガンチュア」です。

ナザリック地下大墳墓第四階層の階層守護者で戦略級攻城戦用ゴーレムであり、実力はシャルティアよりも上です。

ゴーレムですのでスキルが強い、武装が強いというわけではなく、圧倒的な大きさパワーそれがこのランクになった理由です。

まだ謎な部分が多いキャラクターですのでこれからの情報次第では順位も変わるかもしれません。

4位:ツァインドルクス=ヴァイシオン

第4位は「ツァインドルクス=ヴァイシオン・白銀の竜王(プラチナム・ドラゴンロード)」です。

アーグランド評議国の永久評議員の一員であり十三英雄の1人として旅をしていたこともある最強の竜王です。

優れた知覚能力を持っているので不可視であろうと察知でき、過去にはプレイヤーを殺害したこともあります。

ワールドアイテム、ユグドラシルのことを知っている数少ない存在です。始原の魔法を行使することができ、ワールドアイテムも効かないと考えられます。

ワールドアイテムすら効かないとなると本当にどうやったら倒せるんでしょうか。

14巻では「リク」という名の白銀の戦士に扮し、パンドラズアクターとアルベドと交戦。

その時は押されていましたが、鎧ではなく本来の姿であれば、パンドラズアクターに負ける心配はなく、シャルティアも問題ないと判断しています。

また、ツアーの能力はアンデットに有利です。ですので、アンデットであるシャルティアやアインズはかなり苦戦すると思われます。

3位:アインズ・ウール・ゴウン

第3位はやっと来ました、オーバーロードの主人公でもある「アインズ・ウール・ゴウン」です。

ナザリック地下大墳墓の頂点、まとめ役であり、魔導王であります。

純粋な戦闘力ではシャルティアにも劣りますが、取得済みの魔法は718すべて暗記済みであり情報収集を重んじる戦い方でシャルティアにも勝利を収めています。

ユグドラシルに存在しているすべての魔法を把握しておりPvPでの駆け引きも得意で、思考能力も非常に高く戦闘技術はいちばんあります。

「至高の四十一人」にも対人戦では頼りにされており純粋な戦闘力だけで判断できない強さがあります。

2位:第八階層のあれら

第2位は、第八階層の「あれら」です。

ナザリック地下大墳墓第八階層に存在する秘密兵器ですが階層守護者というわけではなく現在ほとんどの情報がないキャラクターです。

情報がないキャラクターがこのランクの理由ですが、ユグドラシル時代の1500人規模の討伐隊が八階層で全滅しており、映像を見た他のプレイヤーに不正改造といわしめるほどの力を誇ります。

どうやら課金の大半を注ぎ込んで作ったようで「至高の四十一人」にも勝てる人はほぼいないといいます。

1位:ルベド

栄えある第1位は「ルベド」です。

ニグレド、アルベドの妹でナザリック地下大墳墓で正真正銘最強のNPCといわれており、肉弾戦でもコキュートスやセバスを上回りフル装備のアインズでも勝てないようです。

ほとんど情報は出ておらずわかっているのは、ギルド内でも随一の強さである「たっち・みー」よりも強く、互角に戦えるのは第八階層のあれらにワールドアイテムを持たせた場合のみだといわれています。

主人より強いキャラクターが多いと裏切ったら負けちゃうじゃんとか思っちゃいますよね。

スポンサードリンク

オーバーロード|キャラの強さランキング30選(まとめ)

以上でオーバーロードの最強キャラランキングは終わりですが、やはり上位のほうはランキングがなかなか定まらないですよね。

特にいまだ情報のない1位2位の順位は誰に聞いてもバラバラですからね。

ストーリーが進み情報が出ればまた変わってくると思いますので、それまで今ある情報で考察しながら一緒にオーバーロードを楽しみましょう。

スポンサードリンク